2007年アーカイブ
2007.12.12
デジタル・ミームのトーキング・サイレンツ・シリーズをはじめとするデジタルアーカイブへの取り組みが、12月11日の毎日新聞夕刊に取り上げられました!

記事の内容はこちらからご覧ください。

デジタル・ミームでは、今後も嵐寛寿郎主演作品『鞍馬天狗』(2008年4月発売予定)など名作を続々DVD化していく予定です。
弊社DVD商品は本ウェブサイトからもお申込みいただけます。親しい方へのクリスマスプレゼントなど、ぜひ一度ご検討ください。


2007.11.20
●第593回無声映画鑑賞会 
―第19回 澤登翠(弁士35周年) 活弁リサイタル―

第1回アカデミー賞作品賞受賞、昭和三年度キネマ旬報ベストテン洋画の部第5位の『つばさ』が、名調子の活弁つきで上映されます。ウィリアム・A・ウェルマン監督は自らもパイロットとして従軍した体験を生かし、この作品以後も『空行かば』『紅の翼』と空戦を描いた作品を送り出しています。第一次世界大戦を舞台に、壮大なスケールで描く青春群像劇をご覧ください。



上映作品『つばさ』
1927年 アメリカ パラマウント作品 138分(途中休憩あり)
監督:ウィリアム・A・ウェルマン
出演:クララ・ボウ、チャ−ルズ・ロジャース、リチャード・アーレン、ジョビナ・ラルストン、ゲーリー・クーパー、エル・ブレンデル

日時:2007年12月29日(土曜) 午後6時開演
会場: 新宿・紀伊国屋ホール
新宿駅東口、地下鉄新宿三丁目駅下車 紀伊国屋書店4階 三越前

チケット:一般・1800円、学生・1600円、前売・1500円、会員・1000円

●お問合せ、前売り、電話予約
無声映画鑑賞会事務局 TEL:03-3605-9981(月〜金・10-18時)

●前売券取扱い
キノチケットカウンター TEL:03-3354-0141(紀伊国屋書店5階 店頭販売のみ 10-18:30)


2007.11.14
10月24日にTalking Silents1,2販売後、国内外から多数のご注文をいただきました。また先日は、サイレント映画に興味を持たれたアメリカの映画監督も来社されご購入。このように、映画関係者や映画ファンからも絶大な支持を得ているサイレント映画。今回は、阪東妻三郎出演作品です。ご期待ください!




【商品概要】
商品名: Talking Silents 3 阪東妻三郎出演作品
『雄呂血』(1925年製作・74分)、『逆流』(1924年製作・21分)
Talking Silents 4 阪東妻三郎出演作品
『鯉名の銀平雪の渡り鳥』(1931年製作・60分)、『小雀峠』(1923年製作・31分)
発売日: 11月28日(水)
価 格: 定価4,980円(税別)/5,229円(税込み)
販売先: 書店・CDショップ等
株式会社デジタル・ミーム
WEBサイトからのご注文 www.digital-meme.com
電話でのご注文:03-5467-4729  
FAXでのご注文:03-5467-4722
e-mailでのご注文:info@digial-meme.com


2007.10.17
日本映画のルーツともいえる無声映画が、現代によみがえる!
溝口健二監督の名作がDVDで2007年10月24日に2巻同時発売!

株式会社デジタル・ミーム(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:ラーリ・グリーンバーグ)では、10月24日にTalking Silents(トーキング・サイレンツ)シリーズ第一弾として、溝口健二監督の名作『瀧の白糸』『東京行進曲』(Talking Silents 1)、『折鶴お千』『唐人お吉』(Talking Silents 2)を発売いたします。

【Talking Silentsシリーズとは】
日本で無声映画が上映されていた頃、映画はサイレント(無声)ではありませんでした。上映中の映画進行に合わせて活動弁士がその内容を解説し、映画を盛り上げるために和洋合奏団による音楽伴奏がつけられていたのです。現代では、なかなか観ることのできない日本独特の上映形態を、デジタル・ミームはDVDで再現いたしました。 内容は、ご年配の方から無声映画をまったく知らない若者まで、幅広い層の方々に観ていただきたい名作揃い。溝口健二監督作品に引き続き、11月下旬には第二弾として、阪東妻三郎出演作品『雄呂血』『逆流』(Talking Silents 3)、『鯉名の銀平 雪の渡り鳥』『小雀峠』(Talking Silents 4)が発売されます。ご期待ください!

【Talking Silentsの特長】
@ 楽団による演奏、活動弁士の説明…無声映画時代の日本独特の上映形態を再現
A 35年のキャリアを持ち、国内はもとよりアメリカやフランスでも高い評価を得ている澤登翠氏と、往年の名弁士たちのダブル音声
B 映画評論家・日本映画学校校長でもある佐藤忠男氏による作品紹介、作品解説
C 弁士・澤登翠氏による弁士としての聞かせどころ、作品の見どころの解説付き
D 海外でもお楽しみいただけるよう英語・中国語・韓国語の3言語字幕付。さらに難聴者の方向けに日本語字幕もご用意

【商品概要】
商品名: Talking Silents 1 溝口健二監督作品
『瀧の白糸』(1933年製作・98分)、『東京行進曲』(1929年製作・28分)
Talking Silents 2 溝口健二監督作品
『折鶴お千』(1935年製作・90分)、『唐人お吉』(1930年製作・PR映像・4分)
発売日: 10月24日(水)
価 格: 定価4,980円(税別)/5,229円(税込み)
販売先: 書店・CDショップ等
株式会社デジタル・ミーム
WEBサイトからのご注文 www.digital-meme.com
電話でのご注文:03-5467-4729  
FAXでのご注文:03-5467-4722
e-mailでのご注文:info@digial-meme.com


2007. 7.20 第9回アジア・アラブ映画祭OSIAN'S CINEFAN 9th Festival of Asian & Arab Cinemaで弁士公演

7月20日よりインド・ニューデリーで開催された第9回アジア・アラブ映画祭OSIAN'S CINEFAN 9th Festival of Asian & Arab Cinemaで溝口健二監督の無声映画時代の名作『瀧の白糸』が上映され、澤登翠一門の斎藤裕子さんが弁士を務めました。デジタル・ミームでは今回の弁士公演のコーディネーションをおこないました。
なお、同映画祭には、映画評論家の佐藤忠男氏も招待され、日本映画についてのディスカッション等もおこなわれました。

OSIAN'S CINEFAN 9th Festival of Asian & Arab Cinema
http://220.226.203.134/cinefan/introduction.php


2007. 6.18 ラーリ・グリーンバーグ(デジタル・ミーム代表取締役)が「岡村洋一のシネマストリート」(かわさきFM)に出演
詳しくはこちら »
   
2007. 5.2 第24回 日本映画復興賞贈呈式
詳しくはこちら »
   
2007. 4.11 (株)マツダ映画社、日本映画復興賞を受賞
詳しくはこちら »
   
2007. 3.16 デジタル・ミーム、「日本アニメクラシックコレクション」のオンラインプレビューを開始
詳しくはこちら »
   
2007. 2.14 デジタル・ミームが「日本アニメクラシックコレクション」について詳細を発表
詳しくはこちら »
   
2007. 1.31 デジタル・ミーム、ホームページのリニューアル完成!
詳しくはこちら »
   
2007.1.12 デジタル・ミームが貴重な日本のクラシックアニメDVDをリリース
詳しくはこちら »